ホーム > Magic xpa > Magic Optimizer 11 > Magic Optimizer 11 製品概要

サイト内検索

Magic Optimizer 11 製品概要

アプリケーションの品質向上と、標準化工数の削減

プログラムの分析・最適化・可視化機能は、未使用オブジェクトの抽出や、潜在的なプログラム不具合、パフォーマンスボトルネックの分析、ユーザーインタフェース不揃い等の確認作業を大幅に短縮し、プログラミング工程での品質を向上し標準化工数を削減します。

ドキュメンテーション省力化と、メンテナンス品質向上

Magicで開発されたプロジェクト(ソースコード)を元に作成される各種ドキュメントは、ドキュメント作成の工数を劇的に削減できます。
信頼性が高くアップデートされた仕様書に基づくことで、メンテナンス品質を向上させることができます。

Magic Optimizer 11の機能一覧

Magic Optimizer 11にて、次の機能強化をおこないました

Magic Optimizer 11 機能メニュ

複数プロジェクト*1  

機能間連携

切り替え

串刺し

ジャンプ*3

辞書連携

最適化

未使用オブジェクト洗出し

 

 

プログラミングの作法警告

 

 

 

可視化

リポジトリ

 

 

 

プログラム階層図

     

テーブル・リレーション図

 

 

 

特性からの逆引き

 

●XP

 

文字列抽出

 

●XP

標準とルール

     

プロジェクトメトリックス

     

埋め込みSQLリポジトリ

     

.Netリポジトリ

     

Javaリポジトリ(New)

     ●XPM  

アクティビティプロファイラ

   

 

クロスリファレンス

  

データビュー項目

●P

 

テキスト検索

     

結果の結合

     

プログラムリポジトリ
照会

プログラムリポジトリ照会

 

●X

 

.NET移行支援

 

オンラインプログラムのRIA化

 

●XP

 

オンラインプログラムのxpa化

 

●XP

 

Web Client移行支援

オンラインのWeb Client化(New)

 

●XPM

 

プログラムの翻訳(New)

 

     

ドキュメンテーション

実装明細書

 

 

 

オブジェクト相関図

 

 

 

多言語化

言語変換辞書作成

 

 

*1 複数プロジェクト:コンポーネントを解析するには、edpファイルおよびソース一式が必要です.
*3 ジャンプ:各機能の抽出結果から、Xはクロスリファレンス、Pはプログラムリポジトリ照会が可能なことを示します.

解析対象

  • Magic xpa 4.x 日本語版
  • Magic xpa 3.x 日本語版
  • Magic xpa 2.x 日本語版
  • Magic uniPaaS V1Plus 日本語版

注: Magic eDeveloper V9 Plus、Magic eDeveloper V10、Magic uniPaaS V1のプロジェクトを読込みことは可能ですが、サポート対象外となります。

インストール

  • ネットワーク:インストールするPCがインターネットに接続していること、ないしは、それ以外にインターネットに接続しているPCがあること(ライセンス登録・削除に必要)
  • OS: Windows 8およびWindows 10 日本語版/ x86およびx64(互換モード)
  • ユーザ:インストールユーザ(全ユーザオプションなし)にソフトウェアのインストール権限

 

Magic xpa

  • マジックソフトウェア・ジャパンのホームページへ
  • お問い合わせ Contact Us