ホーム > Magic xpa > TSmagic > TSmagic 製品構成

サイト内検索

TSmagic 製品構成

Magic xpa サポート バージョン

Magic xpa サポートバージョン

Magic xpa サポートバージョン

備考

Magic xpa Application Platform 3.x

 

Magic xpa Application Platform 4.x

 

Magic xpa サポート システム

システム構成

Magic xpa製品

クライアント/サーバ Magic xpa Enterprise Client、
Magic xpa Enterprise Server

接続方法一覧

No

接続方法

推奨接続サポート対象

TSmagic Client
(connectファイル接続)

Seamless Client

×

RemoteAPP Client

Remote Desktop Client

RemoteApp on Client

RemoteAPP Client

×

HTML5 Web Access Client

HTML5 Client

RemoteAPP Client

×

上記の接続の違い:

  • SeamlesClientは、あたかもクライアントPCにアプリケーションがインストールされているかのようにアクセスできます。複数アプリケーションを実行した場合、クライアントPC上は1つのプロセスとして、サーバー側(TSmagic)のユーザーセッションと紐づいて管理されます。
  • RemoteAPP Clientは、Windowsのネイティブ動作と同様、完璧なアプリケーション表示が可能になります。
  • Remote Desktop Clientは、接続先のデスクトップ全体のように表示されます。
  • RemoteApp on Clientは、実行アプリケーション毎にユーザーセッションが作られます。
    例えば、あるユーザーが同時にMagic xpaアプリケーションを複数起動した場合、起動した数だけユーザーセッションが作成されます。よってMagic xpaのユーザーライセンスも起動した数だけ必要になりますのでご注意ください。
  • HTML5 Web Access Clientで、Web Portal設定(Admin Tool)が有効時にメニューの次にWeb Portal画面が表示されます。アプリケーションは、起動ごとに別セッションとなりますのでライセンスにご注意下さい。
  • HTML5 Web Access Clientで「RemoteAPP Client」接続は、Web Portal有効時のみ可能です。アプリケーションは、起動ごとに別セッションとなりますのでライセンスにご注意下さい。

 

 No

ユーザーセッション数
(サーバ側)

 実行中アプリのアイコンIME入力モードの切替実行中アプリの切断方法(困った時)
①Seamless Client

1セッション/
1ユーザ

Windowsタスクバーの上にTsmagicアイコンを表示

キーボードのショートカットキーで入力モードの切替。

(IMEのパネル非表示)

1.クライアントのアプリアイコンからアプリ単体を切断。
2.サーバからセッションマネージャのリモートコントロールでアプリ単体を切断。
3.セッションマネージャのDisconnect「×ボタンイメージ」でユーザーセッション単位で終了させる。
4.セッションマネージャのLogoff(サインアウト)でユーザーセッション単位で終了させる。

②RemoteAPP Client  

1セッション/
1ユーザ

Windowsタスクバーの中に表示

IMEのパネルが表示される。またはキーボードのショートカットキーで入力モードの切替可能。

③Remote Desktop Client  

1セッション/
1ユーザ

Remote Desktop 内にTSmagicアイコン

キーボードのショートカットキーで入力モードの切替。

(IMEのパネル非表示)

④RemoteAPP Client

1セッション/
1アプリケーション
(メニューからの起動毎に別セッション)

Windowsタスクバーの中に表示

IMEのパネルが表示される。またはキーボードのショートカットキーで入力モードの切替可能。

⑤HTML5 Client

Web Portal無効時
1セッション/
1ユーザ

 

キーボードのショートカットキーで入力モードの切替。

 

Web Portal有効時
1セッション/
1アプリケーション

接続方法ごとのデスクトップの見え方

① Seamless Client

SeamlessClient.jpg

② RemoteAPP Client

RemoteAPPClient.jpg

③ Remote Desktop Client

RemoteDesktopClient.jpg

④ RemoteAPP on Client

RemoteAPPonClient.jpg

⑤ HTML5 Web Access HTML5 Client

 HTMlL5Client.jpg

製品構成例

TSmagic 1サーバ (RDP

TSmagic_RDP.jpg

構成例:

  • Magic Client 3ユーザ
    ・マルチインスタンス起動無し。マルチインスタンス起動する場合は、その分も別途ライセンスが必要。
  • TSMagic  3ユーザ
  • クライアントPC(Magic Client) - TSmagicサーバは、RDPで接続

②TSmagic 1サーバ (http/https)

TSmagic__http-https.jpg

構成例:

  • Magic Client 3ユーザ
    ・マルチインスタンス起動無し。マルチインスタンス起動する場合は、その分も別途ライセンスが必要。
  • TSmagic 3ユーザ
  • Webサーバ使用
    ・デフォルトではTSmagicの内部Webサーバを使用、IISを使用することも可能
  • クライアントPC(Magic Client) - TSmagicサーバは、http/httpsで接続

③TSmagic ロードバランサ (RDP)

TSmagic__RDP.jpg

構成例:

  • Magic Client 100ユーザ
    ・マルチインスタンス起動無し。マルチインスタンス起動する場合は、その分も別途ライセンスが必要。
  • TSmagic  3ユーザ (ロードバランサ用)
  • TSmagic  無制限ユーザ数×4台 (1サーバあたり30~50ユーザを推奨)
  • 又は、25ユーザ数×4台 
  • Webサーバ使用
    ・デフォルトではTSmagicの内部Webサーバを使用、IISを使用することも可能
  • 各サーバにTSmagicの内部WebサーバあるいはIISが必要
  • クライアントPC(Magic Client) - TSmagicサーバは、RDPで接続

④TSmagic ロードバランサ (http/https)

 TSmagic_http-https.jpg

構成例:

  • Magic Client 100ユーザ
    ・マルチインスタンス起動無し。マルチインスタンス起動する場合は、その分も別途ライセンスが必要。
  • TSmagic 3ユーザ (ロードバランサ用)
  • TSmagic 無制限ユーザ数×4台 (1サーバあたり30~50ユーザを推奨) 又は、25ユーザ数×4台 
  • Webサーバ使用
    ・デフォルトではTSmagicの内部Webサーバを使用、IISを使用することも可能
  • 各サーバにTSmagicの内部WebサーバあるいはIISが必要
  • クライアントPC(Magic Client) - TSmagicサーバは、RDPで接続

印刷ーユニバーサルプリンタ

特定のプリンタドライバをインストールしなくても、任意の場所から印刷できる機能です。 内部的にはPDFファイルに変換されています。
印刷オプション
  • PDFファイルが格納されAcrobat Redaerが開く
  • デフォルトのユーザプリンタへ出力
  • ローカルプリンタの選択
.jpg

セッションマネージャ機能

セッションマネージャは、ユーザーとセッションを管理することができるます。
 

機能名

内容

 

Remote Control(リモートコントロール)

 

TSmagicに接続しているクライアントPCの画面に対し、サーバー側から遠隔操作ができます。TSmagic経由で遠隔地のPCで動作しているプログラムにトラブルが発生した場合などに、サーバー側で調査・対応することが可能となります。

 

Disconnect(ディスコネクト)

強制的に実行中のアプリケーションをすべて終了します。またユーザーセッションは指定された任意時間後に切断されます。この任意時間の設定は、AdminTool>サーバー>グループポリシー>切断されたセッションを終了後、の入力フィールドで設定します。

 

Logoff(ログオフ)

ログオフすることで正しくサインアウトが行われ、実行中のアプリケーションはすべて終了します。同時にユーザーセッションも切断されます。

Send Message(センドメッセージ)

TSmagicに接続しているクライアントPCの画面に対し、サーバー側からメッセージを送信できます。