ホーム > Magic xpa > TSmagic > TSmagic 動作環境

サイト内検索

TSmagic 動作環境

TSmagic V12.x 動作環境、サポートOS一覧

Magic xpa サポート バージョン

  • Magic xpa Application Platform 3.x 
  • Magic xpa Application Platform 4.x 

 

注意事項

  • Magic xpa Application Platform 2.x、Magic uniPaaS V1Plusは、サポートされません。

TSmagic サーバ サポートOS

  • Windows 2012/2012 R2(Essentials/Standard)【x64】

  • Windows 2016 (Essentials/Standard)【x64】

  • Windows 2019 (Essentials/Standard)【x64】

注意事項

  • Windows サーバーの環境では、TSmagicサービスとの競合を防ぐために、リモートデスクトップサービスの役割とリモートデスクトップライセンスの役割がインストールされていないことを確認してください。
  • OSはCドライブにインストールされていなければなりません。

TSmagic サーバ 最小ハードウェア

 ユーザ数
Windows Server
3-5

メモリ:4GB以上
CPU:Intel Core i5以上
1CPU 2GHz以上

10 メモリ:8GB以上
CPU:Intel Core i5以上
1CPU 2GHz以上
25

メモリ:16GB以上
CPU:Intel Core i7、あるいはXeon
1CPU

50以上

  メモリ:32 GB以上
デュアル CPU、
システム専用のSSDディスク

TSmagic クライアント

Windows OSがサポートされています。 PDFリーダをユーザのPCにインストールする必要があります。

TSmagic クライアント サポートOS

  • Windows 8 (Professional/Enterprise)【x86およびx64】

  • Windows 10 (Pro/Enterprise)1903以降【x86およびx64】

  • Windows 2012/2012 R2(Essentials/Standard)【x64】

  • Windows 2016 (Essentials/Standard)【x64】

  • Windows 2019 (Essentials/Standard)【x64】

 

注意事項

  • 32ビットと64ビットのOSがサポートされています。ただし、全体的なパフォーマンスは64ビットOS用に最適化されています。
  • Windows Server 2019 Essentials Editionは、RemoteAppをサポートしていません。

TSmagic サポート ライフサイクル

TSmagicバージョンサポート
V11.x
サポート終了:2020年12月末
V12.x
V14.x
(動作検証予定)