Magic xpa旧MagicバージョンV1製品情報Magic uniPaaS V1動作環境

サイト内検索

Magic uniPaaS V1動作環境、サポートDBMS、OS一覧

Magic uniPaaS V1動作環境、サポートDBMS、OS一覧

ここでは、Magic uniPaaS V1 のシステム要件を記します。

注意
動作確認レポートのあるものについては、動作確認レポートで確認を行ったソフトウェアバージョン以後が、サポート対象になります。
ベンダーからのサポートが終了しているOSやDBMSについては、問題の性質によってはMagicの対応に制限がでてくる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Magic uniPaaS V1 動作環境

最小ハードウェア要件

 プロセッサ
(相当)
メモリハードディスクディスプレイマウス
uniPaaS Studio 各OSの最小クロック 各OSの最小メモリ+512MB 400MB 1024x768 必須
uniPaaS Client 各OSの最小クロック 各OSの最小メモリ+128MB 400MB 640x480 -
uniPaaS Enterprise Server 各OSの最小クロック 各OSの最小メモリ+256MB 400MB 640x480 -
uniPaaS RichClient Server 各OSの最小クロック 各OSの最小メモリ+256MB 400MB 640x480 -
注意事項
プロセッサは、Intel x86アーキテクチャ、およびその互換プロセッサのみサポートしています。
上記の値は最小システム構成であり、パフォーマンスのためには充分に余裕のあるハードウェア構成を推奨します。特に、大きなアプリケーションや大量のデータを処理する場合には、それに見合ったメモリ、ハードディスクを必要とします。
この他、利用するDBMSのインストールおよび実行に必要なディスク空き容量、メモリが別途必要です。

サポートOS一覧表

Windows VersionuniPaaS StudiouniPaaS ClientuniPaaS
Enterprise Server
XP Professional -
Vista (Business/Enterprise/Ultimate) -
Server 2003 (Standard, Enterprise)
Server 2008 (Standard, Enterprise) (x86およびx64)
Server 2008 R2(Standard, Enterprise) (x64)
動作確認レポート
Windows7 (Professional/Ultimate) (x86)
動作確認レポート
Windows8 × × -
Server 2012 × × ×

Magicリッチクライアント

Windows Versionクライアント側サーバ側
uniPaaS RichClient Servert
XP Professional -
Vista (Business/Enterprise/Ultimate) -
Server 2003 (Standard, Enterprise)
Server 2008 (Standard, Enterprise) (x86およびx64)
Server 2008 R2(Standard, Enterprise)(x64)
動作確認レポート
Windows7 (Professional/Ultimate) (x86)
動作確認レポート
-
Windows8 × -
Server 2012 × ×
その他の環境要件
Microsoft .NET Framework CLR 2.0.50727.0以上 -
注意事項
x86 (32bit) アーキテクチャの各Windows バージョンをサポートしています。
x64 (64bit) Editionについては、Windows Server 2008 についてのみ対応しています。 WOW64上で正常に動作することを確認しております。但しWOW64に関する一般的な制限事項が適用される場合がありますので、詳細は以下のURLを参照してください。
http://support.microsoft.com/kb/896456/ja
Itanium アーキテクチャのWindows上では動作保障されていません。
日本語版の Windows 製品にのみ対応しています。その他の言語バージョンでは、動作保証されていません。
注意2 Windows Server 2003、 Vista、Server 2008 利用時の注意事項
ISAPI および CGI リクエスタを使用する場合、IISマネージャ-Webサービス拡張で実行を許可にしてください。
OSMachine TypeVersionuniPaaS
IBM i Gateway
uniPaaS
Enterprise Server
for IBM i
IBM i
(OS400)
IBM i
( System i,iSeries,AS/400 )
V5R3/V5R4/V6R1 未定
注意事項
uniPaaS Enterprise Server V1 for IBM i (OS400のリリースは、未定です。 uniPaaS Enterprise Server V1 (Winodws版)をご使用ください。

サポートDBMS一覧表

DBMS対応バージョン対応状況
Pervasive.SQLPervasive.SQL Pervasive PSQL v9 SP2
Pervasive PSQL v10
Pervasive PSQL v11 for Magic
Oracle Oracle 9i R2 (9.2)
Oracle 10g
Oracle 11g
MS-SQL Server 2005
2008
DB2 for IBM i(DB2/400) 対応OSバージョンに準じる
注意事項
各DBMSとも、日本語版にのみ対応しています。
その他の言語バージョンのDBMS製品については、DBMSベンダーが日本語版OS上で日本語データの動作保証をしている場合に限り、サポート対象となります。

その他のソフトウェア要件

用途ソフトウェア対応バージョン
バージョンコントロール用 Microsoft Visual SourceSafe 6.0d SP6、2005
CVS(CVSNT) 2.0.58d
注意事項
Microsoft Visual SourceSafe は、CVSに比べ制限が少なく、便利な周辺ユーティリティも使用することができます。 本格的な開発を行う場合には、Microsoft Visual SourceSafe をご利用になることをお勧めします。

Magic xpa

  • マジックソフトウェア・ジャパンのホームページへ
  • お問い合わせ Contact Us