Magic xpa

サイト内検索

Magic eDeveloper V10 によるPervasive PSQL Summit v10 の動作確認レポート

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社
カスタマーサービス本部 開発部
2008/5/23

動作確認レポート

はじめに

このドキュメントは、Magic eDeveloper V10 (Magic V10)によるPervasive PSQL Summit v10 (Pervasive v10) の動作確認テストの結果について記述したものです。

対象

  • Magic V10.1 SP4a
  • Magic Ver10.1 Pervasive データベースゲートウェイ : MGBtrieve.dll(Ver10.1 SP4a-0)

動作環境

クライアント
  • CPU :Intel Core2Duo 2.13 GHz
  • メモリ:512MB
  • OS:Windows XP Professional SP2
  • クライアントモジュール: Pervasive PSQL Summit v10 Workgroup クライアント
  • Magic V10 SP4a + MGBtrieve.dll (Version 10.1 SP4a-0 )
サーバ1
  • CPU :Intel Core2Duo 2.13 GHz
  • メモリ:1GB
  • OS:Windows Server 2003 R2 Standard Edition
  • Pervasive PSQL Summit v10 Server 32-bit
サーバ2
  • CPU :Intel Xeon(TM) 3.00 GHz
  • メモリ:4GB
  • OS:Windows Server 2003 Standard x64 Edition SP1
  • Pervasive PSQL Summit v10 Server 64-bit

検証結果

Pervasive.SQL V8 で動作可能なアプリケーションで検証した結果、その互換レベルにおきまして、正常に動作することを確認いたしました。

留意事項

  • データベースパラメータに/PAGESIZE=nnn を指定して、9.5フォーマットのデータベースファイルを新規作成する場合、nnnに512, 1536, 2560などのサイズを指定しても、実際にはそれぞれ1024バイト, 2048バイト, 4096バイトのサイズで作成されることがあります。
  • Windows 2003 Server (x64)での動作検証は、Pervasive v10に対するデータベースアクセス機能に関する評価を行った結果です。Magic V10 Enterprise Server の全機能について評価した結果ではありません。

以上

動作確認レポートを閉じる