Magic xpa

サイト内検索

Magic eDeveloper V10 による Oracle11g の動作確認レポート

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社
カスタマーサービス本部 開発部
2008/10/31

動作確認レポート

はじめに

このドキュメントは、Magic eDeveloper V10 (Magic V10)によるOracle11g の動作確認テストの結果について記述したものです。

対象

  • Magic V10.1 SP4b
  • Magic Ver10.1 Oracle データベースゲートウェイ : MGOracle.dll(Ver10.1 SP4b-0)
クライアント
  • CPU :Intel Core2Duo 2.13 GHz
  • メモリ:512MB
  • OS:Windows XP Professional SP2
  • クライアントモジュール: Oracle Client 11.1.0.6.0 for Microsoft Windows(32bit) クライアント
  • Magic V10 SP4b + MGOracle.dll (Version 10.1 SP4b-0)
サーバ
  • CPU :Intel Core2Duo 2.13 GHz
  • メモリ:1GB
  • OS:Windows Server 2003 R2 Standard Edition
  • Oracle Standard Edition 11.1.0.6.0 for Microsoft Windows(32bit)

検証結果

Oracle10g で動作可能なアプリケーションで検証した結果、その互換レベルにおきまして、正常に動作することを確認いたしました。

参考情報

Ver10.1 SP4b以前のモジュールでは、データソースリポジトリの0行目で定義取得を行った際、「ORA-1455 列の変換により整数データ型がオーバーフローしました。」のエラーが発生することがあります。この問題はV10.1 SP4bにおいて修正されています。

以上

動作確認レポートを閉じる