ホーム > Magic xpa > 動作確認レポート

サイト内検索

【重要】Magic xpa 4.6 Hot Fix の提供について

Magic xpa 4.6 リリース後に以下の Hot Fix がリリースされています。
お手数ですが、Magic xpa 4.6 をご利用の場合、以下の番号のテクニカル情報からモジュールをダウンロードして、適用して頂けますようお願いします。

2003786:スクリーンモードで行削除を実行した場合、レコード後処理のカレントレコードの値が次レコードになる問題

<説明>

スクリーンモードで表示されたオンラインプログラムで行削除を実行した場合、レコード後処理で削除されるレコードの値が次のレコードの値になることがあります。
例えば、ヘッダと明細の構成で表示されたプログラムの場合、親タスクでヘッダのレコードを削除し、レコード後処理で対応するレコードをバッチ処理で削除した場合、正しいレコードが削除されないことがあります。

注意事項:

この問題はMagic xpa Enterprise Studio(実行時)、およびMagic xpa Enterprise Clientで発生する問題です。Magic xpa Enterprise ServerまたはMagic xpa RIA Serverの環境には適用する必要はありません。

 

2003592:Magic SQL Whereを使用したプログラムを実行すると、異常終了する問題(Oracle使用時)

<説明>

Oracleのテーブルをメインテーブルに設定し、[オプション/範囲/位置付/SQL Where句タブ/Magic SQL]の式に抽出条件を設定した場合、実行時に異常終了することがあります。

以上

ページの先頭へ

Magic xpa

  • マジックソフトウェア・ジャパンのホームページへ
  • お問い合わせ Contact Us