Magic xpaV1Plus製品情報Magic uniPaaS RIA(リッチクライアント)

サイト内検索

Magic uniPaaS RIA(リッチクライアント)

Magic uniPaaS RIA(リッチクライアント)

Magic uniPaaS RIA(リッチクライアント)の特徴

  • 従来のRIAシステムの構築では、クライアント側、サーバ側、及び通信・制御のためのプログラムをそれぞれ異なる開発言語、異なるスキルで別々に開発するため、現在の高度化、複雑化したビジネスアプリケーションを構築するためには多くの時間とコストを要します。
  • Magic uniPaaS RIAは、リポジトリベースの「Magic フレームワーク」を使って、クライアント側とサーバ側を一元的に開発することができます。
  • Magic uniPaaSがクライアントロジックとサーバロジックが自動的に識別・分割・配布され、同期しながら実行されます。
  • Magic uniPaaSがRIAシステムの複雑さを隠蔽し自動化するため、開発者はリッチなユーザインターフェースとビジネスロジックの記述に専念することができ、生産性とメンテナンス性が驚異的に高まります。

RIA実行例

RIA実行例

アプリケーションモデルの比較

一般的なRIAの開発と実行

Magic uniPaaS RIA の開発と実行

開発プロセスの比較

開発プロセスの比較

Magic uniPaaS RIAの利用形態

Magicリッチクライアントの利用形態

  • アプリケーションはサーバ側で一元管理され、配布・更新が自動化できるのでTCOを低く抑えることができます。
  • インターネット/イントラネットアプリケーションはもちろん、B2BソリューションやASP/SaaS(Software as a Service)ソリューションにも応用できます。
  • Magic uniPaaSのメンテナンス性、アジャイル性を活かし、プロトタイプ開発から初めて、利用者の要望を取り込みながらカスタマイズを繰り返すことにより、業務適合性の高いサービスを短期間に提供することも可能になります。

Magic xpa

  • マジックソフトウェア・ジャパンのホームページへ
  • お問い合わせ Contact Us