Magic xpaV1Plus製品情報Magic uniPaaS V1Plus 動作環境

サイト内検索

Magic uniPaaS V1Plus 動作環境、サポートDBMS、OS一覧

Magic uniPaaS V1Plus 動作環境、サポートDBMS、OS一覧

ここでは、Magic uniPaaS V1Plusのシステム要件を記します。

注意
  • 動作確認レポートのあるものについては、動作確認レポートで確認を行ったソフトウェアバージョン以後が、サポート対象になります。
  • ベンダーからのサポートが終了しているOSやDBMSについては、問題の性質によってはMagicの対応に制限がでてくる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Magic uniPaaS V1Plus 動作環境

最小ハードウェア要件

 プロセッサ
(相当)
メモリハード
ディスク
ディスプレイマウス
uniPaaS Studio 各OSの最小クロック 各OSの最小メモリ
+512MB
400MB 1024x768 必須
uniPaaS Client 各OSの最小クロック 各OSの最小メモリ
+128MB
400MB 640x480 -
uniPaaS Enterprise Server 各OSの最小クロック 各OSの最小メモリ
+256MB
400MB 640x480 -
uniPaaS RichClient Server 各OSの最小クロック 各OSの最小メモリ
+256MB
400MB 640x480 -
注意事項
  • プロセッサは、Intel x86アーキテクチャ、およびその互換プロセッサのみサポートしています。
  • 上記の値は最小システム構成であり、パフォーマンスのためには充分に余裕のあるハードウェア構成を推奨します。特に、大きなアプリケーションや大量のデータを処理する場合には、それに見合ったメモリ、ハードディスクを必要とします。
  • この他、利用するDBMSのインストールおよび実行に必要なディスク空き容量、メモリが別途必要です。

サポートOS一覧表

Windows VersionuniPaaS StudiouniPaaS ClientuniPaaS
Enterprise Server
XP Professional (※1) -
Vista (Business/Enterprise/Ultimate) (※3) -
Windows7 (Professional/Ultimate)(x86およびx64) 
x64動作確認レポート
-
Windows8 (Professional/Enterprise)(x86およびx64)
動作確認レポート

Ver1.8JSP1c/Ver1.9g2より

Ver1.8JSP1c/Ver1.9g2より
-
Windows10 (Pro/Enterprise)(x86およびx64)
動作確認レポート

Ver1.9g2より

Ver1.9g2より
-
Server 2003 (Standard/Enterprise) (※2)
Server 2008 (Standard/Enterprise) (x86およびx64)
Server 2008 R2(Standard/Enterprise) (x64)
動作確認レポート
Server 2012 (Essentials/Standard) (x64)
動作確認レポート

Ver1.8JSP1c/Ver1.9g2より

Ver1.8JSP1c/Ver1.9g2より

Ver1.8JSP1c/Ver1.9g2より

Server 2012 R2 (Essentials/Standard) (x64)
動作確認レポート


Ver1.9g2より

Ver1.9g2より 

Ver1.9g2より

Server 2016 (Essentials/Standard) (x64)
動作確認レポート


Ver1.9g2より 

Ver1.9g2より 

Ver1.9g2より 

Magic RIA(リッチクライアント)

Windows Versionクライアント側サーバ側
uniPaaS RichClient Server
XP Professional (※1) -
Vista (Business/Enterprise/Ultimate) (※3) -
Windows7 (Professional/Ultimate)(x86およびx64)
x64動作確認レポート
-
Windows8 (Professional/Enterprise)(x86およびx64)
動作確認レポート

Ver1.8JSP1c/Ver1.9g2より
-
Windows10 (Pro/Enterprise)(x86およびx64)
動作確認レポート

Ver1.9g2より
-
Server 2003 (Standard/Enterprise) (※2)
Server 2008 (Standard/Enterprise) (x86およびx64)
Server 2008 R2(Standard/Enterprise) (x64)
動作確認レポート
Server 2012 (Essentials/Standard) (x64)
動作確認レポート

Ver1.8JSP1c/Ver1.9g2より

Ver1.8JSP1c/Ver1.9g2より
Server 2012 R2 (Essentials/Standard) (x64)
動作確認レポート

Ver1.9g2より

Ver1.9g2より
Server 2016 (Essentials/Standard) (x64)
動作確認レポート 

Ver1.9g2より

Ver1.9g2より
その他の環境要件
Microsoft .NET Framework CLR 2.0.50727.0以上 -
注意事項
注意2: Windows Server 2003、 Vista、Server 2008 利用時の注意事項
  • ISAPI および CGI リクエスタを使用する場合、IISマネージャ-Webサービス拡張で実行を許可にしてください。

RIA モバイル

Windows Mobile Version
Windows Mobile 6.0/6.1/6.5 Classic
Windows Mobile 6.0/6.1/6.5 Professional

動作確認された機種及び環境

メーカー機種名動作OS
NTTドコモ T-01A Microsoft Windows Mobile 6.1
ソフトバンク X05HT Microsoft Windows Mobile 6.1
ソフトバンク X02T※1 Microsoft Windows Mobile 6.5
シャープ RZ-H220 Microsoft Windows Mobile 6.1

※1:デフォルトのキーボード(Toshiba-keyboard) ではIMEの自動起動が無効となります。
スタート/設定/入力の入力方法を「ローマ字/かな」に変更すると自動起動が可能になります。

OSMachine TypeVersionuniPaaS
IBM i Gateway
uniPaaS
Enterprise Server
(RichClient Server)
for IBM i
IBM i
(OS400)
IBM i
(System i,iSeries,
AS/400)
V5R3/V5R4
V6R1
V7R1/V7R2
未定
注意事項
  • uniPaaS Enterprise Server V1Plus for IBM i/uniPaaS RichClient Server V1Plus for IBM iのリリースは、未定です。uniPaaS Enterprise Server V1Plus(Windows版)/uniPaaS RichClient Server V1Plus(Windows版)をご使用ください。
  • IBM i  V7R2は、uniPaaS V1Plus 1.9g2でサポート。

サポートDBMS一覧表

DBMS対応バージョン対応状況
Pervasive.SQL Pervasive PSQL v9 SP2
Pervasive PSQL v10
Pervasive PSQL v11 for Magic
Actian PSQL v12 for Magic
Oracle Oracle 9i R2 (9.2)
Oracle 10g
Oracle 11g
Oracle 12c
動作確認レポート

Ver1.9g2より
MS-SQL Server 2005
2008
2008 R2
動作確認レポート
2012
動作確認レポート
2014
動作確認レポート
2016
動作確認レポート
DB2 for IBM i(DB2/400) 対応OSバージョンに準じる
注意事項
  • 各DBMSとも、日本語版にのみ対応しています。
  • その他の言語バージョンのDBMS製品については、DBMSベンダーが日本語版OS上で日本語データの動作保証をしている場合に限り、サポート対象となります。

その他のソフトウェア要件

用途ソフトウェア対応バージョン
バージョンコントロール用 Microsoft Visual SourceSafe 6.0d SP6、2005
CVS(CVSNT) 2.0.58d
Microsoft Team Foundation Server

2010 動作確認レポート
2012 (Ver1.9g2より)
2013 動作確認レポート

注意事項
  • Microsoft Visual SourceSafe/Microsoft Team Foundation Server は、CVSに比べ制限が少なく、便利な周辺ユーティリティも使用することができます。本格的な開発を行う場合には、Microsoft Visual SourceSafe/Microsoft Team Foundation Server をご利用になることをお勧めします。

Magic xpa

  • マジックソフトウェア・ジャパンのホームページへ
  • お問い合わせ Contact Us