Magic xpaActian PSQL v12 for MagicPervasive PSQL v11 for MagicPervasive PSQL v11 for Magic FAQ

サイト内検索

Pervasive PSQL v11 for Magic FAQ

Products - FAQ

Pervasive PSQL v11 for Magic : 製品仕様

Pervasive PSQL v11 for Magic とは?

Pervasive Software社(現在は、Actian社)が開発、日本では株式会社エージーテック社が販売している、Pervasive PSQL v11 ServerのOEM製品です。
アプリケーション開発のコアシステムとして、最も信頼性に優れ、高度なパフォーマンスを提供するデータ管理システムの最新版です。

Pervasive PSQL v11の種類は、どのようなものがありますか?

■Pervasive PSQL v11 Workgroup for Magic
・小規模LAN(5台以下のPC)で使用
・共有データは特定のマシンで使用する(ピアツーピア)
・32Bit版エンジン(64Bit環境では、WOW64で動作)

■Pervasive PSQL v11 Server for Magic
・大規模ユーザで使用(6ユーザ以上)
・共有データはサーバー上で使用する
・32Bit版エンジン/64Bit版エンジンを選択して使用

参考:ServerとWorkgroupの技術的な相違と機能比較(エージーテック社)

■Pervasive PSQL Vx Server 11
・仮想化環境およびクラウド コンピューティングにも対応
・ライセンスは、同時セッション数、使用データサイズで制限される
・Magicでのサポートは、未定。 

参考:Pervasive PSQL Vx Server 11エージーテック社)

※ご利用を検討する場合は、最寄の営業所か、Webからお問合せください。

Pervasive PSQL v11 の新機能・拡張は、どのようなものがありますか?

■Pervasive PSQL v11 新機能・拡張
・マルチコアサポート
・Server Editionの 32/64 bit数の統合
・インストール時に選択が可能
・Workgroup Edition は、x86(32Bit)のみ
・Windowsのみ(Linuxは未サポート)
・バックアップ支援ツールの Pervasive Backup Agentを無償でバンドル(Server Editionのみ)

Pervasive PSQL v11 for Magicの機能拡張は、どのようなものがありますか?

■ユーザ数種類の追加
・30、40ユーザが追加され、柔軟なユーザ数構成が可能
・新規ユーザ数 10、20、30、40、50、100、250、500
■Pervasive.PSQL製品認証トラブルの軽減
・Pervasive PSQL v11の製品認証とは異なり、インストール時のライセンスコードのみでの製品認証を行います。
・マシントラブル、マシン構成の変化等により製品認証のトラブルにも迅速に対応する事が可能になります。
■コールドスタンバイ機用のライセンスも含まれています。
・Pervasive PSQL v11 Server Insuranceは、不要です。
・事前にスタンバイ機に認証するものではありません。

他の新機能に関しては、What's New in PSQL v11 を参照してください。
注意:すべての新機能をMagicがサポートするものではありません。

Pervasive PSQL v11 for Magic製品構成は?

Pervasive PSQL v11 for Magic製品構成」を参照してください。

UCIとはなんですか?

User Count Increases(UCI:追加ユーザライセンス)のことで、ユーザ数を追加することができます。

UCIは、同一ユーザ数を累計することはできません。 例えば、20ユーザ2本を追加することは出来ません。
(例)UCI 50ユーザ→UCI 10ユーザ+UCI 20×2 → NG
     UCI 50ユーザ→UCI 20ユーザ+UCI 30 → OK

Sreverグループ1でのUCIは、最大150ユーザまで(10~50) まで、追加可能です。
Sreverグループ2でのUCIは、最大250ユーザまで(10~100)まで、追加可能です。

尚、Pervasive PSQL v11 Server for Magicの新規ライセンスは、複数ユーザを合算して使用することはできません。

※ユーザ数は、クライアントの最大同時接続数

エージーテック社が販売しているPervasive PSQL v11 Server/Workgroup は、Magicでサポートされますか?

サポートされません。
OEM版Pervasive PSQL v11 Server for Magicのみがサポート対象となります。

Pervasive PSQL Insurance とはなんですか?

Pervasive PSQL Insurance とは? (エージーテック社 ホームページより)
ビジネス ニーズにとって稼働時間が極めて重要である場合には、Pervasive は Pervasive PSQL Insurance もお勧めしています。Pervasive PSQL Insurance は、ハードウェアやソフトウェアの不具合によって、あるいは自然災害によって PSQL サーバー ライセンスの認証解除ができなくなった上、週末や休日などでサポート スタッフにも連絡がつかない場合のような、まれな出来事を対象としています。Pervasive PSQL Insurance は、エンド ユーザーが直ちに PSQL エンジンを起動して実行できるようにするための、一時ライセンスです。一時キーは 3 回まで認証することができます。一度に 3 つのサーバーをオンラインにしても、1 つのサーバーを 3回別々にオンラインにしてもかまいません。また、各認証は 14 日間持続します。

※Pervasive PSQL v11 製品認証関連 FAQ
http://www.agtech.co.jp/products/pervasive/psql/v11/authorization_faq.html

Pervasive PSQL v11 for Magicでは、コールドスタンバイ機用のライセンスも含まれていますので、Pervasive PSQL Insuranceは不要です。

Actian社における Pervasive Software社買収取引完了について

Pervasive PSQL製品の開発元であるPervasive Software Inc.(パーベイシブ・ソフトウエア(NASDAQ:PVSW)の全株式を2013年4月11日Actian Corporation:(アクティアン・コーポレーション米カリフォルニア州
レッドウッドシティ)が取得し買収取引を完了したと発表されました。

Pervasive PSQL製品はActian社のPSQL製品とし、継続して販売されます。
Pervasive PSQL v11 for Magicも含む、PSQL製品の内容および各種サービスに関しては、一切の変更はありません。

Actian社におけるPervasive Software社買収取引完了(エージーテック社)
http://www.agtech.co.jp/products/pervasive/psql/pdf/Actian_PSQL.pdf

Pervasive PSQL v11 for Magic : 動作環境

Pervasive PSQL v11 for Magicの動作環境は?

Pervasive PSQL v11 for Magic 動作環境」をご確認下さい。

Pervasive PSQL v11 Workgroup は、Windows Vista/7/8 x64 (64bit)環境でサポートされていますか?

Windows7/8についてのみ対応しています。 WOW64上で動作します。

Windows Serverでは、Windows Server 2008、2012でサポートされます。

詳細、及び最新の動作環境は、「Pervasive PSQL v11 for Magic 動作環境」をご確認下さい。

Pervasive PSQL v11 for Magic : ライセンス関連

Magic xpa Enterprise Client - Pervasive PSQL Serverで構成する場合、何ユーザを購入すれば良いですか?

Magic xpa Enterprise Client、及びPervasive PSQL Server共にライセンス形態は、同時アクセスユーザです。
従って、同一のユーザ数か、又はPervasive PSQL Serverを多めのユーザ数で構成します。
(例)Magic xpa Enterprise Client 25ユーザ、Pervasive PSQL Server 30ユーザ

Magic xpa RIA Server/Magic xpa Enterprise ServerをPervasive PSQL v11 Workgroupで構成することが出来ますか?

出来ません。

Magic xpa RIA Server - Pervasive PSQL Serverで構成する場合、何ユーザを購入すれば良いですか?

Magic xpa RIA Server、及びPervasive PSQL Server共にライセンス形態は、同時アクセスユーザです。
通常、同一ユーザ数か、Pervasive PSQL Serverを多めのユーザ数で構成します。
(例)Magic xpa RIA Server 25ユーザ、Pervasive PSQL Server 30ユーザ

Magic xpa Enterprise Server - Pervasive PSQL Serverで構成する場合、何ユーザを購入すれば良いですか?

接続できるクライアント数の合計のユーザ数を購入します。

イントラネット環境の場合:
接続可能なクライアント端末合計数か、「イントラネット/ Unlimited User」版を購入します。

インターネット環境の場合:
「Internet/Unlimited User」版を購入します。

Pervasive PSQL v11 for Magic : インストール関連

インターネットが接続できない環境でもインストールすることが可能ですか?

Pervasive PSQL v11 for Magic では、Pervasive PSQL v11の製品認証とは異なり、インストール時のライセンスコードのみでの製品認証を行います。
従って、接続できない環境でも問題なくインストールすることができます。

また、マシン構成の変化等により製品認証のトラブルは発生しません。
http://www.agtech.co.jp/products/pervasive/psql/v11/authorization_faq.html

障害対策の為に、コールドスタンバイの構成ができますか?

Pervasive.PSQL v11 for Magicでは、ライセンスのアクティベーションを実施しないコールドスタンバイ用のインストールを提供しています。
従って、Pervasive PSQL Insurance(一時ライセンス)の購入は不要です。

障害発生時には、可能な場合は本番環境でアクティベーションの解除を実施し、コールドスタンバイ機でアクティベーションを実施するのみです。 アクティベーションは、製品に添付されているライセンスコードを入力するのみです。

Pervasive PSQL v11 for Magic : サポート

テクニカルサポートは、どうなりますか?

Pervasive PSQL v11 for Magicの有償サポートは、Magicサポートサービス(有料)で対応します。

Magicのサポート期間中に、PSQLのサポートが終了した場合は、マジックソフトウェア・ジャパンで可能な範囲でのサポートとなります。

PSQL 製品のライフサイクルはこちらでご確認ください。(エージーテック社) 

エージーテック社の無償サポートを受けることは出来ますか?

「Pervasive.PSQL v11 for Magic」も、同様にサポートを受けることが可能ですが、Pervasive PSQLのみに限定されたサポートとなります。

Magicに関わる内容に関しては、サポート対象外となります。

エージーテック社の無償サポートを受けるには、別途AGBPへのお申込みが必要となります。
<AGBPのご案内>
http://www.agtech.co.jp/partner/agbp/
<お申込み>
https://forms.netsuite.com/app/site/hosting/scriptlet.nl?script=28&deploy=1&compid=3345602&h=9909835178ac07877ec8

 

PSQL v11の無償サポート提供は、2016年8月31日をもって終了となります。

エージーテック社が公開している、アップデートモジュールを適用することは可能ですか?

Pervasive PSQL v11 for Magic : バンドル版

Pervasive PSQL v11 Workgroup for Magicは、Magicのどのバージョンにバンドルされていますか?

Pervasive PSQL v11 for Magic 製品構成」の「Magic-Pervasive PSQL v11 Workgroupバンドル」を参照してください。

Magicにバンドルされた「Pervasive PSQL v11 Workgroup for Magic」と購入した「Pervasive PSQL v11 Workgroup for Magic」とは、異なる点がありますか?

提供されているモジュールは同一であり機能は同一ですが、購入されたWorkgroupは、ライセンス登録(アクティベーション)が必要です。

Magic xpa Enterprise Clientを複数本購入し、バンドル版のWorkgroupを使用してピアツーピアで構成する場合、注意する点はありますか?

複数PC(Magic xpa Enterprise Client)でデータを共有して格納する場合、Pervasive PSQL v11 Workgroup for Magicは共有する1台にのみインストールする事ができます。
これは、Pervasive PSQL v11 Workgroupのライセンスポリシー変更に伴うものです。

同時にローカルDBも使用したい場合は、別途Pervasive PSQL v11 Workgroup for Magicを購入する必要があります。

Pervasive PSQL v11 Server for Magicを購入して、Workgroupを各PC(Magic xpa Enterprise Client)のローカルDBとして使用する場合は、各PCへインストールすることが可能です。

詳細は、「Pervasive PSQL v11 for Magic 製品構成」を参照してください。

Magic xpa

  • マジックソフトウェア・ジャパンのホームページへ
  • お問い合わせ Contact Us