Magic xpa旧MagicバージョンMagic eDeveloper V9 PlusPervasive PSQL v9 Workgroup のバンドルについて

サイト内検索

Magic eBusiness Platform V9 Plus Pervasive PSQL v9 Workgroup のバンドルについて

Magic eBusiness Platform V9 Plus に Pervasive PSQL v9 Workgroup がバンドルされることになりました。 使用に際しての主な留意点、およびPervasive PSQL v9購入に関するご案内をいたします。

Pervasive PSQL v9 Workgroup バンドル提供ライセンス

Magic eBusiness Platform V9 Plusで使用可能なライセンスは以下の通りです。

製品名 バンドルライセンス
Magic eDeveloper V9 Plus Pervasive PSQL v9 Workgroup 5ユーザ
Magic Client V9 Plus Pervasive PSQL v9 Workgroup 5ユーザ
Magic Application Server V9 Plus 無し

バンドル開始バージョン、及びリリース予定日

製品名 バージョン リリース
Magic eBusiness Platform V9 Plus Ver9.40J SP6b 2006年11月20日(月)

Pervasive PSQL v9ファイルの共有について

5ユーザのバンドルにより、5ユーザまではファイルの共有が可能です。

Pervasive PSQL v9 ファイル共有1

Pervasive PSQL v9 ファイル共有2

6台以上のPCでPervasive PSQL v9のデータを共有する場合は、Pervasive PSQL v9 Server が必要になります。(Pervasive PSQL v9 Serverは、10Userからになります。)
Pervasive PSQL v9 Workgroupは、ローカルデータとして使用することができます。 尚、同一PC上で複数のMagicを起動(マルチインスタンス)して使用する場合は、1ユーザの扱いとなりアクセスすることが可能です。

Pervasive PSQL v9 ファイル共有3

インターネット/イントラネット ライセンス(Internet/Intranet licensing)

Pervasive PSQL v9 Server を、インターネットあるいはイントラネット環境において、Pervasive のクライアント・ソフトウェアを使わずに、Web Server やアプリケーション・サーバ経由にてご利用頂く場合に必要なライセンスです。このライセンスにより不特定多数のインターネット・ユーザならびに無制限のイントラネット・ユーザがデータベースを利用することができます。

ただし、イントラネットにおいて、Pervasive PSQL v9 Server のクライアント・ライセンス数以内のユーザが使用する場合は、本ライセンスは必要ありません。

※本製品は、WebサーバのCPUごとのライセンス製品となります。

Internet/Intranet licensing

Pervasive.SQL V8とPervasive PSQL v9との混在環境

Pervasive.SQL V8クライアントとPervasive PSQL v9クライアントが、同一のファイルを共有することはできません。
共有する場合は、全てのクライアントをPervasive PSQL v9クライアント(リクエスタ)にしてください。

  • 全てのクライアントマシンには、Pervasive PSQL v9のクライアントリクエスタあるいは、Pervasive PSQL v9 Workgroupを導入する必要があります。
  • クライアントマシンにPervasive.SQLV8 Workgroup、Pervasive PSQL v9 Workgroupを混在してインストールはできません。既にPervasive.SQLV8 WorkgroupがインストールされているマシンにPervasive PSQL v9 Workgroupをインストールすると、既存のPervasive.SQLV8 Workgroupがアンインストールされて、Pervasive PSQL v9 Workgroupがインストールされることになります。

Pervasice PSQL v9 Workgroup

ファイルフォーマットの互換性

Pervasive PSQL v9では、古い5.x 形式のファイルは、読込のみサポートしており更新はサポートしていません。このため、Magicから更新しようとすると「エラー#46 ファイルマネージャの異常です」というエラーが出ます。この場合にはデータファイルを6形式以降にリビルドしてください。

Pervasive PSQL v9 について

詳細に関しては、株式会社 エージーテックの Pervasive PSQL v9関連情報をご参照ください。
http://www.agtech.co.jp/

Magic eDeveloper V9 Plusを無償でダウンロードした場合

Magic eDeveloper V9のユーザは、無償でMagic eDeveloper V9 Plusをダウンロードして使用することができます。(詳細は、Magic eBusiness Platform V9 Plus バージョンアップのご案内

ただし、ダウンロードには、Pervasive PSQL v9 Workgroupは含まれていません。Magic eDeveloper V9 PlusにてPervasive PSQL v9 Workgroup 5ユーザを使用したい場合は、「Magic eDeveloper V9 Plusメディアセット」を購入して頂く必要があります。

既存システムで使用しているPervasive.SQLのバージョンアップ

Magic eBusiness Platform V9 Plusで使用している旧Pervasive.SQLをPervasive PSQL v9 Workgroupにバージョンアップしたい場合は、Magicの追加購入時で入手したCD-ROMを用いて、現在お持ちのMagicライセンス数分をインストールすることが可能です。

新規に製品ご購入の予定がない場合は、「Magic eDeveloper V9 Plusメディアセット」を購入して頂く必要があります。

Pervasive PSQL v9の販売に関して

弊社にて販売をしております。弊社製品と一括してご注文いただけるようになりました。
購入に関しては、弊社の営業所へお問い合わせください。

Magic xpa

  • マジックソフトウェア・ジャパンのホームページへ
  • お問い合わせ Contact Us
  • マジックソフトウェア・ジャパンのホームページへ
  • お問い合わせ Contact Us